株主優待でどんな特典が受けられるの?

株式会社の株式を持っている人を株主と言います。会社には1年に少なくとも1度は決算期があり、その時期に株主の状態だと株主優待が受けることができます。株主の状態とは、決算日である権利確定日に株主名簿に載っている状態をいいます。なお、株主名簿に載るには、事務処理の関係上、株式を購入してから3営業日が必要となります。決算日当日に株式を取得した場合などは、権利確定日に株主名簿に載りませんので株主優待は受けられません。その点は注意して株主になりましょう。
では、株主優待にはどのようなものがあるのでしょうか。有名なのは、航空会社の優待です。例えば、ANAホールディングスの場合、優待券として航空券が50%割引になる割引券を受け取ることができます。この割引券は通常料金の半額になる券で、使用期間中であればいつでも利用することが可能です。お盆などチケット代が高騰する時期に使用するのがお得です。また、人気の株主優待には、金券があります。商品券やQUOカード、図書カードがもらえる企業もあるのです。他には、自社の製品を詰めあわせや、飲食店などでは、自社が経営している店舗で利用できる食事券がもらえたりします。食事券で人気なのは日本マクドナルドの優待で、ハンバーガーや飲み物、サイドメニューなどの無料券がもらえてしまいます。
株主優待で受け取れるものは様々です。どのようなものがあるのか、まずは株主優待についてまとめているサイトなどで調べてみることをおすすめします。そして、欲しいものが決まったら、決算期を確認し、権利確定日に株主の状態にしましょう。なお、株式を取得するには、証券会社の口座が必要となります。株主優待目的で投資をしたいと思ったら、早めに口座を開くことをおすすめします。

株主優待と人気株と選び方

株主優待というものがある、という事は広く認知されてきており、それを目的に株式を購入するという方も増えてきています。企業の新製品や割引券、商品券など優待の内容は多種多様で、場合によっては非常にお得になることもあります。そのような中でどのように購入する株を選ぶかという事は大きなポイントになります。まず一つの参考となるのは人気のある株です。人気があるという事はそれなりに良い状態の株であり、株主優待も有利な条件であることが多いです。しかし、人気があるために高値になりやすく、場合によっては株の値動き字体で損をすることもあるので、株主優待だけではなく全体的な値動きも同時にチェックしておくことが必要です。気になる株があれば、しばらく変動の具合を見てみるとよいでしょう。また、人気だからと言って自分自身に合う優待内容とは限りませんから、内容をきちんと確認しておきましょう。商品券や割引券が優待として交付される場合、近くに利用できる店舗がなければ無駄になってしまうこともあるのです。使用条件や期限が厳しいものもあります。そういったものが無駄にならないように、自分にとって利用可能かどうかのチェックもしておきましょう。優待以外にも配当がある場合もあります。優待だけに注目するのではなく、配当と合わせて考えて得になるかどうかを検討していくことも必要です。また、購入する際には優待を受けるために最低何株購入すればよいかという事もチェックしておきましょう。その最低株数に達していなければ株主優待が全くもらえないことになってしまうからです。こうした点に注意して、自分に合った株を選び、株主優待ライフを楽しんでいきましょう。

株主優待で得する上手い投資方法

株主優待を受けるためには確定日にその会社の株を一定割合所持している必要があります。会社にもよりますがその確定日は年に二回程度あり、その株の所持割合に応じて株主優待の待遇が決まります。例えば、10株以上所持している場合には商品券500円分送付などという基準が会社ごとにありますからその基準を満たす必要があります。また、確定日直前には株主優待を受けたいという人が多く、株価が跳ね上がることも多くあります。その確定後には株価が急激に下がることもめずらしくなく株主優待だけを目的にする人であれば問題ないかもしれませんが、確定前直前には買い増しをするとトータル的に損をする可能性があります。そのため確定日以降の株価が下がった段階で買い増しをして、次の確定日に備える方が合理的な選択となる可能性があります。
株を所持することは株主優待を受けるだけでなく、配当も受けることができます。株主優待券の多くは金券ショップで現金化することも可能です。在庫状況によって買取り額も変わりますから、送付されたら早めに現金化した方が高値がつきやすいです。また、買取り価格も店によりまちまちですから額を聞いてから数店舗比較して買い取ってもらった方が自分の納得する金額で買取ってもらえる可能性が高いという特徴があります。株主優待にも金券ショップで高値がつきやすい全国共通のギフト券もありますが、会社の経営状況により変更が行われることも多々あります。優待が突然なくなることもありますから、情報には敏感に対応する必要があります。株主優待で上手に得をすることが目当てであれば、普段よく使うスーパーマーケットなどがお勧めかもしれません。しかし、株価は経済情勢によっても大きく変動しますから損切りをする基準を持って株の売買をすることがトータル的な利益を生むために重要になります。

■投資顧問会社のまとめ
投資顧問の全てがわかる!
■参考サイト
人生大逆転を狙える仕手株
■こちらを確認して公募割れ銘柄を回避しましょう
IPO

ページトップへ