上場企業の株主優待とDGM森精機株価の今後の予測

東京証券取引所などに上場している上場企業では、収益が得られた時には株主に対して配当金を支払います。上場企業の多くは、自社の株主に対するサービスの一環として、株主優待を行っています。株主優待は企業によって独自性があり、いろいろな商品やサービスを株主に提供しています。
レジャーランドを運営している上場企業は、株主優待として、自社が運営しているレジャーランドの入場券などを株主に対して提供しています。外食チェーン店を展開している上場企業は、自社が運営している飲食店のお食事券などを提供することが多いです。家電製品の製造を行っている上場企業では、自社が生産した工業製品を株主優待の商品として株主にプレゼントしています。
DGM森精機などの工作機械メーカーでは、株主優待はあまり行われていません。工作機械メーカーが製造する製品は産業向けの製品であるため、個人に提供するには向かないことが、株主優待を行っていない理由の一つです。株主優待を行っていない企業は、配当金の形で株主に利益を還元しており、多くの株主は株主優待がないことを了承のうえ、株式を取得しています。
DGM森精機株価は、1500円から2000円の間を推移していましたが、2014年の11月頃から株価が急上昇しました。2015年の6月には、DGM森精機株価は2500円を超え、最高値を付けました。2015年6月をピークに、DGM森精機株価は下落しており、2015年の9月時点の株価は、1700円程度になっています。
DGM森精機株価が下落した理由は、主な輸出先である中国の経済状態が悪化したためです。今後のDGM森精機株価は、中国の経済状態が鍵を握っており、中国経済が回復すると、DGM森精機株価も上昇すると予測されます。

ページトップへ